読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kandorikoのブログ

ハイコンセプト時代の「ドラマ系」エンジニア。 

ハイコンセプト時代の『ドラマ系エンジニア』

マインドマップ、教えることが出来ません^ ^

ハイコンセプト時代の「ドラマ」エンジニア 神取です。

 

私のマインドマップに対する、スタンスを開示しておきます。

私は、「マインドマップを教える」事はして来ていません。

理由は。資格を取得していない、、、です。

 

教える資格は、実はとても高額で。

   私が使い始めた2005年以降も、資格が色々と変わっています。

 

では、私のスタンスは???ですが。

① 「私は、この様に使っています。」を、説明します。

② 「描き方は、他の先生や、書籍で勉強してね」、です。

     だって、「脳にやさしいメモ手法」なんでしょ~。簡単なハズ。

③ 「勉強したけど、継続できないや~」と言う人には、

       「一緒に描こうよ~」とは言ってきました。

 

社内研修で講師をする際。

私はAmazonで購入した、↓の書籍内のDVDをみんなで一緒に見ます。

<ペンとノートで発想を広げる“お絵描き”ノート術 マインドマップ(R)が本当に使いこなせる本 (アスキームック) >

あるいは、東洋経済の「マインドマップ」特集号の記事を、読んでもらいます。

<http://ist.ksc.kwansei.ac.jp/~nishitani/?c=plugin;plugin=attach_download;p=FirstYearEducation;file_name=MindMaptoyokeizai.pdf>

上のリンク、切れないと良いなぁ~。本当に良書です。

一番、大好きな記事です。

 

今回の「夢の技術」シリーズは、①になると思います。

③をご希望の方。連絡をもらえれば、いつでも協力します。大歓迎!

 

ね!、私はマインドマップを、教えていないでしょ~^^

広告を非表示にする